2012年09月15日

第3章 2回目のデートまでの段取り

 幸運にも2回目も会って良いという返事がもらえた場合、連絡は携帯メールで行いましょう。相手の生活パターンが分かっていない段階で不用意に電話をかけるのは止めた方がよいです。時間帯によってはウザがられ、最悪「お会いする約束をしていましたが、やはりこの話はなかったことに…」ということになりかねません。PCメールも長いとそれ位の行数は返信しなきゃということで疲れます。
 ただし、前日に待ち合わせ場所と時刻を確認するために電話をするというのは可だと思います。他のことはダラダラ話さないで、「では明日楽しみにしています。おやすみなさい」という感じでサッと切る。これができればポイントアップでしょう。

 さて、2回目のデートはどこへお連れすればよいでしょう? 「お連れする」んですよ。当日会ってから、「さあ、どこへいきましょう?」だけは勘弁して下さいね! 女性はどこへ行くかで服装も靴も違ってくるのですから。
 とりあえず2、3の候補を見繕って女性にメールして選んでいただきます。初回の時に女性の興味関心事を聞き出せていれば、候補の1つに挙げてもよいでしょう。自分の趣味を語ってオタク扱いされるくらいなら、相手の趣味を聞いておいた方が次につながるということです。ただし、アウトドアはやめましょう。天気が悪いとリカバリがきかないです。

 長時間並ぶようなところ→ディズニーランドは間がもちません。
 スポーツ観戦→野球とかは両方とも詳しくない場合は間がもちません。

 映画はいいですね。デートなのですから、ある程度の時間は一緒にいなくてはいけないわけなのですが、見合いするような男性は、そんなに話がもたないからしんどくなってくるわけです。映画は話さなくていいですから楽ですよ。だいたい女性も2回目は映画を選んできます。
 臨機応変に時間潰しができる自信がある方は結構ですが、席は事前にとっておきましょう。当日待ち合わせる前にその映画館によって指定を取るのもいいですし、最近ではネット予約可能な映画館も増えてきています。
「あら、混んでるわ、大丈夫かしら」「あ、とってありますから、はいチケットどうぞ」
 これはポイント高いはず。

 それからお食事です。時間がないとお食事だけということもあるでしょう。
 下見は大事です。というか、3度目までは初めてのお店に行ってはいけません。ある程度の信頼関係ができれば「今日のところはハズレだったね」でもOKですが、1回目2回目は「ハズした」と思うとダメージが大きすぎます。女性誌に載っているようなお店を下見してまわり、自分のホームグラウンドを作っておきましょう。その方が断然リラックスできます。
 必ずしも高いお店でなくても良いのです。条件としてはトイレがきれいな事。冬ならばコート類をかける所があればなお可でしょう。

 なお、2回目のデートにのぞむ際は、3回目のデートの候補も頭に入れておきましょう。具体的には○○ウォーカーなどの情報誌、それからオークションで出回っているチケットのチェックが主になると思います。「え、お笑いの●●が好きなの? 確か来週ライブがあったと思うけど…見にいきしょうよ!」いつもこんなにうまくいくわけではありませんが、備えあれば憂いなしです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。