2014年11月29日

第1章 お見合い初回にかける時間

 今日はお見合い。相手は初めて会う女性です。さて、どのくらいの時間をかけるのがベストでしょう。半日でしょうか? お互いのことを分かり合うには、まる1日くらいはかけた方が良いでしょうか?

 正解は1〜2時間です。初回はなるべく短くするのが成功の秘訣です。
 なぜなら、たいていの女性は、「いい人だったら結婚しよう」ではなく、「変な人だったらやめとこう」と思ってお見合いにやってくるからです。将来の結婚相手ともなればチェックは相当厳しくなります。しかも初対面ですから、お互いに友達程度の信頼関係もありません。いきおい、あなたに対する採点も減点法になってしまいがちです。特に初回はその傾向が強いといえます。2回目3回目なら許せることが、初回だと許せないということは実際にあるのです。
 だったら減点が累積して不合格になる前に初回は短時間で切り上げ、多少なりとも相手の評価が甘くなる2回目以降につなげてしまえ!…というのが基本的な考え方ですね。

 短時間で終わらせるメリットはいろいろありますが、まず第一に相手を疲れさせないということが挙げられます。
 女性側のお見合い慣れ度にもよるのですが、将来結婚するかもしれない相手をいろいろな面からチェックしながら、自分も言葉を選びつつ接するというのは、なかなか疲れるものなのです。
 しかも、一応オトコが仕切るのがたてまえになっているので、女性の方から「今日はこの辺で」とはなかなか言いだしづらいもの。
 このような状況下でダラダラと時間だけを経過させることは相手をいたずらに疲労させ、「もういい、早く帰りたい」⇒お断り…のパターンに陥りやすいのです。これは避けねばなりません。

 メリットの2つ目は、自分にとってネガティブな情報を相手に伝えるのを遅らせるのが可能になることです。例えば筆者の場合、20代に2回転職しています。これは結婚相手としては減点対象になると思います。この辺の話をあまり初回からしたくないわけです。
 誰しも多かれ少なかれ何らかの事情は抱えています。だからといってお見合いの場合、嘘は言えないので、聞かれたら答えなければなりません。だから、自分にとって不利な話題に入る前に切り上げてしまうのです。回数を重ね、ある程度の信頼関係ができれば受け入れてもらえる可能性は増してきます。

 もうひとつのメリットは、1日2回のお見合いも可能になる事です。
 掛け持ちについては改めてお話ししますが、男性もいつまでも今の年齢のままではいられません。気力体力時間の許す限りは機会を有効に生かしましょう。

 最後に服装について。スーツにネクタイが無難だと思いますが、ワイシャツは色柄云々より、クリーニング屋に出して、糊の利いたものを着ていくようにします。1着200円もしないので、こういうところでポイントを稼ぎましょう。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

第2章 初対面の相手との話題

 初回の話題としてふさわしいのは何の話でしょうか。趣味や特技でしょうか。それとも女性側の結婚後の仕事についてはっきりさせておくべきでしょうか。
 私はお互いの生い立ち・プロフィールの確認で良いと考えます。

・今OOOにお住まいだそうですが、生まれてからずっとそこなのですか? 引越しはなさっていないのですか?
・学生時代のクラブ・サークル活動は?
・どんなアルバイトをされていましたか?
・お母様はお仕事されていたのですか?
・ご兄弟(姉妹)はどこに御住まいですか? 職業は?

「ああ、そうなんですか。自分の場合はこれこれこうだったんですよ」と相手の話と自分の話を交互にしていれば、小一時間はたってしまいます。そうしたら、「まあ今日は初めてですからこの辺で」と言って切り上げてしまいましょう。前章でもお話しましたが、相手が減点法でくるならば、減点する間を与えず終わらせてしまえばよいのです。

 この方法の良いところは、相手が誰でも同じ展開にもっていける事です。
 こんな話をすると、「誰でも同じでいいのか? もっと相手に自分を印象づける何かが必要ではないのか?」とおっしゃる方もいるかもしれません。しかしながら、お見合いにおいてはそのような考えや行動が「このヒト何か普通じゃない。変」ととらえられ、却って減点の要因になりがちです。
「本当の自分を見てもらいたい」と称し突飛なことをして墓穴を掘る男性のなんと多いことか。その種の行為は、せめて3回くらいお会いして、お友達レベルの信頼関係ができてからにしましょう。

 30歳過ぎて見合いに来る男性というのは、どことなくクセがあるというか、普通じゃない人が多いのです。お見合いを重ねた女性は「普通の人と結婚したい」とため息をつき、結婚相談所の職員は口を揃えて「成婚に結びつく人? 普通の人です」とおっしゃいます。
 よって、あなたが最初の1〜2時間を普通の人間として振舞う事ができれば、女性の信頼度はアップし、次回につながる可能性は高くなります。あえて100点は狙わず、75点〜80点を目標に、普通に抑え目にいきましょう。
 確かにたまに100点満点を求めてくる女性も存在します。ただし、そういった方は、誰と引き合わせてもお断りの山で、間に立つ人も「本当に結婚する気があるのか」と手を焼いているはずです。こればっかりはどうしようもないので、それも経験だと思って割り切りましょう。

 一通りのお話が済んで、次回に繋げたいと思ったら、携帯のメルアドを交換しましょう。相手のノリがイマイチならば、自分のだけ渡せば良いです。相手が進んで教えてくれた場合は別ですが、電話番号はやめておいた方が無難です。これはまた後でお話します。
 相手と別れた後は、その日のうちに仲介者と連絡をとり、返事をしましょう。なるべくならば、2回目も会うことをオススメします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3章 2回目のデートまでの段取り

 幸運にも2回目も会って良いという返事がもらえた場合、連絡は携帯メールで行いましょう。相手の生活パターンが分かっていない段階で不用意に電話をかけるのは止めた方がよいです。時間帯によってはウザがられ、最悪「お会いする約束をしていましたが、やはりこの話はなかったことに…」ということになりかねません。PCメールも長いとそれ位の行数は返信しなきゃということで疲れます。
 ただし、前日に待ち合わせ場所と時刻を確認するために電話をするというのは可だと思います。他のことはダラダラ話さないで、「では明日楽しみにしています。おやすみなさい」という感じでサッと切る。これができればポイントアップでしょう。

 さて、2回目のデートはどこへお連れすればよいでしょう? 「お連れする」んですよ。当日会ってから、「さあ、どこへいきましょう?」だけは勘弁して下さいね! 女性はどこへ行くかで服装も靴も違ってくるのですから。
 とりあえず2、3の候補を見繕って女性にメールして選んでいただきます。初回の時に女性の興味関心事を聞き出せていれば、候補の1つに挙げてもよいでしょう。自分の趣味を語ってオタク扱いされるくらいなら、相手の趣味を聞いておいた方が次につながるということです。ただし、アウトドアはやめましょう。天気が悪いとリカバリがきかないです。

 長時間並ぶようなところ→ディズニーランドは間がもちません。
 スポーツ観戦→野球とかは両方とも詳しくない場合は間がもちません。

 映画はいいですね。デートなのですから、ある程度の時間は一緒にいなくてはいけないわけなのですが、見合いするような男性は、そんなに話がもたないからしんどくなってくるわけです。映画は話さなくていいですから楽ですよ。だいたい女性も2回目は映画を選んできます。
 臨機応変に時間潰しができる自信がある方は結構ですが、席は事前にとっておきましょう。当日待ち合わせる前にその映画館によって指定を取るのもいいですし、最近ではネット予約可能な映画館も増えてきています。
「あら、混んでるわ、大丈夫かしら」「あ、とってありますから、はいチケットどうぞ」
 これはポイント高いはず。

 それからお食事です。時間がないとお食事だけということもあるでしょう。
 下見は大事です。というか、3度目までは初めてのお店に行ってはいけません。ある程度の信頼関係ができれば「今日のところはハズレだったね」でもOKですが、1回目2回目は「ハズした」と思うとダメージが大きすぎます。女性誌に載っているようなお店を下見してまわり、自分のホームグラウンドを作っておきましょう。その方が断然リラックスできます。
 必ずしも高いお店でなくても良いのです。条件としてはトイレがきれいな事。冬ならばコート類をかける所があればなお可でしょう。

 なお、2回目のデートにのぞむ際は、3回目のデートの候補も頭に入れておきましょう。具体的には○○ウォーカーなどの情報誌、それからオークションで出回っているチケットのチェックが主になると思います。「え、お笑いの●●が好きなの? 確か来週ライブがあったと思うけど…見にいきしょうよ!」いつもこんなにうまくいくわけではありませんが、備えあれば憂いなしです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4章 払いはオトコ…?

 お見合い相手の女性と2人でお食事。お会計は6000円でした。さて、お支払いは?
1. 近年は女性も収入があるのだから、きっちり3千円割り勘で
2. やっぱり男性が多めに出さなきゃ。男性4千円、女性2千円
3. 全額男性持ち。

 お見合い関連のブログや掲示板で、「払いはオトコか?」といった議論が延々と続いているところもあるようですが、お断りの確率を下げ、なるべく早期に成婚に結びつけたいと考えているのならば、やはり「払いはオトコ」でしょう。
 女性の側が次も会ってもいいかなと思えるラインが70点として、まあまあ話も何とかもたせて食事が済んだ時点で75点だったとしましょう。ここで男性の側がスマートに支払いを済ませれば+5点。80点合格。割り勘だったら−10点。65点でさようならです。

 確かに男女雇用機会均等法のご時世、女性も稼いでいます。しかし、いまどき5千円では美容院にも行けませんし、服1枚買えば万札が飛んでいきます。これで割り勘をやられた日には文字通り勘定が合わないわけです。
 1回のデートで相手の分も全て出したところで、泊まりでもない限り数千円ぐらいしか違わないのではしょうか? しかもその状態が1年2年続くわけではないのです。お見合いは短期決戦。3ヶ月もったら(ありていに言えばカラダの関係になったら)結婚です。その間10回くらいしか会いません。トータルの金額なんて知れているのです。

 男性もいつまでも今の年齢でいられるわけではありません。振り出しに戻る時間的・経済的損失を考えれば安いものではないでしょうか?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5章 結婚相談所の選び方

 お見合いと言えば結婚相談所が隆盛を極めておりますが、どんな所に入れば良いのでしょう?
a.入会金30万円。期間2年。月会費なし。期間中は何人でもお見合い可。
b.入会金6万円。月会費5千円。1人お見合いする毎に1万円。

 bの相談所に入った方が面倒見が良いです。引き合わせる努力をしてくれます。そりゃそうですよね。お見合いさせてナンボなんですから。
 お見合いさせる事が会社の利益、あるいはそこで働く社員の評価につながるシステムになっているかどうか見極めることが肝要です。

 aの方は、基本的に放置されると考えて下さい。たまに有料イベントのお誘いがかかる程度です。そのイベントでは、自分でナンパしなくちゃいけませんからお忘れなく。医者か弁護士か誰でも知ってる有名企業の社員か年収1千万超の人でなければおすすめしません。

 bタイプの結婚相談所の場合、交際の進捗は管理されます。ウザイと言えばウザイですし、短所といえば短所です。
 しかしながら、女性と縁がないとか、お見合いを繰り返してもうまくいかないという人は、たいてい何かやってはいけないことをやっています。自分が欠点や弱点として認識しているところはまだ良くて、それ意外のところに問題がある場合、自分ではなかなか気づくことができません。aタイプの相談所の場合、女性からお断りがあっても、その女性があなたに対してお断りの本当の理由を直接言ってくれることはまず有り得ないので、あなたは同じ過ちを繰り返す可能性が高いです。

 その点、bタイプの相談所の場合、「あなた、こんなことしてるようだけど、それじゃあねぇ」と指摘してくれます。確かに自分の考え方ばかりを押し付けてこられても困りますし、相性の問題もあるのですが、男女のことに向いていないからこそお見合いで相手を見つけようと考えるようになったのは事実なのですから、そこは謙虚になって聞く耳を持ちましょう。

 大枚はたいて放置系相談所に入っても、元々モテル人がモテルだけです。藁をもつかむ思いでこの文章を読んでいるような人には向いていません。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6章 世話焼きおばさま

 今でもシブトク活動を続けていらっしゃる世話焼きおばさまも決して侮れない存在です。かく言うこの私も、世話焼きおばさまの紹介で結婚したクチですから。

 個人でやっていらっしゃるわけで、人によってお手持ちの数やモチベーションにどうしてもバラツキがあります…が、セミプロ級の強力な方にあたると、並の結婚相談所では太刀打ちできませんね。もう生きがいになってますから。

 何と言っても人助け。適齢期の若い男が頭を下げてくるのもまんざら捨てたものではない。お小遣いにもなりますし。おば様どうしでお茶飲みながら、「あの子はあーで、この子はこーで」とぺちゃくちゃやっているのが若さの秘訣らしいです。実際、妙にイキイキしていらっしゃるわけで。

 それではどうやって探せばよいのでしょう? ブログやフェイスブックなんてお持ちの方はいらっしゃいませんから、親や親戚の紹介がほとんどです。
 電子メールも無理なので、郵便で写真と釣書が届きます。

 引き合わせていただいたらお車代としてポチ袋に5千円。盆暮れはそれなりの付け届け。めでたく成婚の暁には20万円くらい包んで渡すのが相場でしょうか。

 結婚相談所の社員とは比べ物にならないほど厳しいダメ出しが入る場合もありますが、そこは相手を細木先生だと思って「いつもご指導ありがとうございます」という姿勢を崩さないことに尽きると思います。

 前章でも述べましたが、自分自身が気がついていない欠点をあぶり出してもらって、同じ間違いを繰り返さないことが一番大事なのですから。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7章 カップリングパーティー

 お見合いの話がひっきりなしにある人には必要ないかもしれませんが、どうしても空白の期間ができてしまう場合もあるので、穴埋めにはもってこいと言えます。

 また、何度か行ったことがあるけれど最近は遠ざかっているという方は、お見合いの経験を何度かした後ですと、違った気持ちで参加できるかもしれません。お見合いは会うまでがたいへんですが、ともかく実物が目の前にいるのが一番のメリットでしょう。

 なるべく早めに行って、1人参加の女性を狙いましょう。会場の中を見渡して、なんとなく目の合う人がいたら、自分のことを意識している可能性大…かもしれません。こちらが2人なら2人組をねらうのも可ですが、仮にカップルになれても、一緒に来た友達が気になってその後がうまくありません。

 フリータイムは3回くらいありますが、本命は1回目にいったほうが良いと思います。1回目と3回目に行ったりしないこと。女性の場合なかなか自分から話にいけないので、なるべく多くの男性と話をしてみたいという選択肢を奪ってしまうことになります。気にいったのならメアド渡してしまうのが有効でしょう。

 カップリングされなくても、それで意気消沈して帰ってしまってはいけません。というかそれからが本番です。終わった後入り口で張ってお茶にさそうのです。男性を先に帰すパーティが多いのはそのためです。

 あとはお見合いの1回目と同じ要領でやればOK。変な人だったらやめちゃおうを考えているという点では、お見合いとそんなに変わりません。あまり個性的な(突飛な)言動は控えて、「ああ、普通の人だな。まあいいんじゃないかな」と思ってもらえることを目標にして、1時間くらいで切り上げましょう。

 もう一つの利用法として、結婚相談所の下見として参加してみるのも有効です。
 相談所のサロンに「話だけ聞きに」足を運んだつもりでも、「今までは巡り合わせが悪かったのね。いい出会い見つけてくださいね」とか何とか甘い営業トークに乗せられてついつい入会してしまうのは良くあること。

 その前に、結婚相談所の運営会社が主催するパーティに参加して、仕切りはどうか、雰囲気が自分に合うかどうかで入会を判断しても良いと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8章 tips

 女性を初めて自分の車に乗せる前は、必ずスタンドで社内清掃してもらいましょう。見た目もそうですが、自分ではなかなか気づかないこもったニオイもある程度消し去ってくれます。実際女性が助手席のドアをあけたときに、「あ、キレイ…」とつぶやいたとき、お断りはまずありません。内心ガッツポーズものです。安いところなら500円くらいです。男の適齢期もそんなに長くありません。ケチらずいきましょう。

 カーナビは必須です。初対面あるいはそれに近い人と、相手を吟味しながら、なおかつ自分も言葉を選びながら運転するのは結構たいへんです。こういうときに道を1本間違えるだけで精神的ダメージは大きいものです。それなりのお金はかかりますが、必要な投資だと思います。

 写真は何枚か撮って、その中から“奇跡の1枚”を選びましょう。自分の主観だけでなく、人にも見てもらうと良いかも。かっちりスーツより、普段着の方が良いという意見も。可能ならば2枚つけるのも有効です。

 結婚相談所だと自己PR欄を書いたり、自己紹介ビデオを撮ったりするところもあります。「テニスが好きなので、一緒にやってくれる方、よろしくお願いします」なんてありがちですが、テニスしない人に壁を作ってしまいます。「休日はよく映画を見に行きます」くらいでいいんじゃないでしょうか。実際見合いをしていると映画は良く行きますし。

 掛け持ちについて。相談所の場合はぜんぜんOK。お見合いおば様の場合は、その方の考え方にもよりますが、時間と気力体力が許す限り掛け持ちした方が良いと思います。いつまでも今の年齢のままでいられるわけではありませんし、自分の年齢が上がれば、紹介される女性の年齢も上がっていきます。男の適齢期もそういう意味ではあまり長いわけではありません。機会は積極的に生かしましょう。

 それではGoodLuck!!!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
posted by 伝右衛門 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

番外編 困った女

困った女@ 
 「次も会います」と言ってくれたはいいが、
伝「今度の土曜か日曜にお会いできませんか?」
女「まだ予定が固まっていなくて…」
伝「それではその次の土日は?」
女「そんな先の事は…」

 「あさってになれば予定が決まるので、こちらからご連絡いたします」くらいは言ってもらえませんでしょうか?

困った女A
 お見合い初回で
伝「それでは今日はこの辺で。どちらまでお送りしましょうか?」
女「美容院に行きたいので、○○あたりで降ろして下さい」

 頼む。美容院は見合いの前に行ってくれ。

困った女B
 デートはお連れするもの。初めてのところでハズすとダメージが大きい。ちゃんと下見をしておけ。
 …確かにそう書きました。
 
 しかし、「慣れてるんですね」とツッコミを入れてくる女には対抗できません。
 …これはホントに困ります(泣)。 

こういった女性たちにはスパルタ婚活塾をオススメしたい。
特に第12講が秀逸。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
ラベル:お見合い 婚活
posted by 伝右衛門 at 00:00| お見合い成功法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。